TR-CW コンパクトウォレット

¥ 25,920

手のひらにすっぽり収まるサイズの中に、札入れ・小銭入れ・カードケースが搭載された、贅沢な作りになっています。
コンパクトなので、お仕事にプライベートに色々な所で大活躍できます。
外装のインパクトはもちろん、開いた時の内装のグレーがパッと明るい上質感を醸し出します。
内装に使用しているグレーの革は、国産のシュリンク革をシボのたちかたからタンナーさんと一緒に作り上げた、柔らかくてコシのある革を採用しています。
ATSUSHI YAMAMOTO商品は、男性の方だけでなく、女性の方にも多くの支持を頂いております。

【機能】
札入れ1、小銭入れ1、カードポケット3、フリーポケット2
【重さ】
約60g

【デザイン】
・カードポケットの端に角度をつけることで、カードの出し入れがスムーズにし易くなりました。
・カードポケットと小銭入れの向きをそろえる事で、カードの落下を防ぎ、小銭の出し入れもしやすくなっています。
・フリーポケットは、交通系ICカードや領収書を収納するのに適しています。

【トリコシリーズの革】
『遠目に見ると暗く、近くで見ると明るい革。』
ATSUSHI YAMAMOTO トリコシリーズに使用しているレッド・ブルー・ブラックの革は、構想から製品になるまでタンナーさんと約500日の間、何度も試作を重ねて作りました。
理想は透明感のある、深い色。
さらに、傷・シワ・汗など革の天敵を味に変える事の出来るタフな革。
発色だけにこだわるなら、吟面という革の一番表皮の部分だけに色を染めて、カラフルな革を作ることもできます。
しかし、この革は丸染めという方法で、革の内側まで染めました。
染めるのも、乾かすのも時間が掛かります。
オイルをたくさんしみこませると、理想の色からかけ離れ、どんどんくすんでいく。
この方法で作られた、いわゆる丈夫な革は、たいていブラックやブラウンがほとんど、そこをあえて鮮やかなカラーを出すことに挑戦しました。
革に染み込ませる数10種類の薬品・染料の配合を何十回も試し、ひたすら試作を重ね・・・
そしてついに、経年変化が楽しめるタフさを持ち、革好きにはたまらない独特の香りを宿している革が出来上がりました。
是非クリーム等を使ってメンテナンスしてあげてください。
お手入れすればするほど、応えてくれる革です。

【トリコ・レッドというカラー】
一瞬派手かと思ってしまいますが、見る距離や明るさによって様々な表情を見せてくれるカラーです。
昼間の明るい空間では明るく輝いて、夜のバーではピンスポットの下で妖艶に光ります。
手に取って鏡の前で是非ご自身の姿をご覧になってみて下さい。
驚くほど美しくマッチングします。

【トリコ・ブルーというカラー】
海はブルーですが、海のブルーにはエメラルドブルーやコバルトブルーなど何色も存在します。
その中でも、深くなって広さを感じる海をイメージしたディープなブルーです。
レッドと同じく空間の明るさや距離で、表情がかなり変化します。

【トリコ・ブラックというカラー】
ブラックになりきらない、グレーとブラックのはざまで揺れ動くブラック。
「濃い」と「淡い」という相反するものが共存するカラー。
レッドやブルーと同じく、空間の明るさや距離で様々な表情を見せます。

【アツシヤマモトの職人技】
お財布を作る主な工程には、7工程あります。
大量生産する工場では、それぞれの工程に専門の職人さんがいるほど、高度なスキルを必要とします。
アツシヤマモトはその全行程に愛情を込めながら、ほぼ一人でこなしています。

『1.裁断』
一枚革の状態から使用するパーツごとに傷の無い最適なパーツを切り出します。
『2.革漉き』
パーツによって強度をぎりぎりに保てるラインの薄さに漉き、製品自体を薄く仕上げます。
薄いパーツは0.2mm程まで薄くします。
『3.革パーツの組み上げ』
スケールを使ってミリ単位で調整しながら組み上げます。多いモノでは、40パーツ程あります。
『4.本裁断』
本裁断は革を真っ直ぐ直線に、よい道具を使って切るということが重要です。
『5. 縫製』
縫製も真っ直ぐ均等に縫う事を意識します。
コバからの幅、ミシン目のピッチを守る事で製品の芸術性を高めます。
『6. ネン引き』
ステッチの外側に溝を入れるネン引きという作業を、熱ネンという道具を使って行います。
この溝を入れるとお財布全体が引き締まって見えますし、コバを作るための準備にもなります。
ネンは職人のこだわりが現れるポイントでもあります。
ATSUSHI YAMAMOTOは、幅や深さを調整した、自分で削り出して作ったネンを使っています。
『7.コバ処理』
コバという財布の切れ目に施す処理の方法には、コバ磨き、コバ塗り、ヘリ返しと3種類あります。
やはり、使用する道具、製法や薬剤の調合も各々のこだわりが現れるポイントです。
コバの処理は財布製作の最終仕上げの工程でもあり、最も時間のかかる工程でもあります。
染料・塗料の塗布から乾燥を最低3回にわたり繰り返すので、否が応にも時間のかかる工程であり、製品によっては裁断から組み立てにかかった時間よりも多くの時間を要する場合もあります。

【メンテナンス】
ATSUSHI YAMAMOTO製品で使用されてるキップレザーは、革本来の持つ特性を活かすため、天然の植物性原料を使用したベジタブルタンニン製法でなめされています。
素材、染料の特性上、吸水性がございますので、水濡れの際、水ぶくれになったり、色落ちすることがあります。
・万一雨や汗で濡れた場合は、できるだけ早く柔らかい布で軽く押さえるようにして水気を取り除き、陰干しして下さい。
・汚れがついてしまった場合は、軽くお湯に湿らせた布(洗浄液を付けないでください)で優しく拭き取って下さい。
・乾燥後、少量の手入れ用天然ワックス、クリームを必要に応じて補って下さい。
・ワックスを塗り、柔らかいブラシでブラッシングして下さい。特に、ステッチ部分にはワックス、クリームが残りやすいので念入りにブラッシングしてください。
・高温に近づけたり、シンナー、ベンジン等を使用しますと変色、変形の原因となりますのでご注意下さい。
・製品は通気性の良い布などに包み、他の製品と密着させないようにして、保管して下さい。
・より長く綺麗にお使い頂くために、月に1回ほどワックスやクリームでお手入れすることをお勧めしています。

【修理無料保証】
安心してお使い頂くために、お買い上げ日より1年以内に通常の使用状態において次のようになった場合は無料修理を致します。
・金具・ホックの破損
・糸のほつれ
・ファスナーの破損
・接着のりの剥離
*修理の内容によっては有料の場合もございます。

数量
品番
TR-CW
価格

¥ 25,920

カテゴリー
コンパクトウォレット, TRI.CO.トリコシリーズ
Color
Red, Blue, Black
Size
W95mm x H90mm x D20mm
素材
牛革(キップ)